初めてUターン転職する人はゼッタイ知っておくべき!
Uターン転職で失敗しないための全手順

こんにちは。岩手への帰り方を一緒に考えるサイト「KAERU」編集部です。

わたしたちは岩手県のUターン転職を検討している皆さんを応援しています。

今回は「地元に帰って仕事をしたい」というUターン転職希望者の方々に向けて、わかりやすく、Uターン方法について解説したいと思います。

これまで首都圏一極集中、地元を離れて都市部へ働きに出る人も多かったのですが、コロナウイルス感染症の流行をきっかけにライフスタイルが変わり始めた今、都会から離れて地方で働きたいと思っている人は多いのではないでしょうか?

ただ、そのような移住ブームの中で、わたしたちKAERU編集部は違和感を覚えるようになりました。

それは「Uターン転職に失敗している人が多い」ということです。

ネット上のある移住系情報サイトや広告では、

地方で悠々自適なスローライフ

海辺でMacBookを開いてお仕事、疲れたら気晴らしに海水浴 

といった「優雅でキラキラしたイメージ」で宣伝されているケースが増えています。

もちろん、地方での暮らしは素晴らしい自然・美味しい食事・自由な時間はあります。

ですが、良いこと尽くしではないのがUターン転職の実情。

Uターン転職が決まって引っ越したら、自分を新しい環境に適応させる必要があります。

環境の変化はどんな人にとっても多かれ少なかれストレスになりますよね。

特にUターン転職は、普通の転職とは違いライフスタイルがガラッと変わるケースがほとんどです。

ただ一方で、Uターン転職をする前に調べればわかることや、事前にしっかり準備することで地方での新生活を快適で素晴らしいものにする事ができます。

この記事では皆さんがUターン転職をする際に必要なチェックポイントやテクニックなど様々な情報を記載していますが、先に結論をいうとUターン転職を成功させるために最も大切なことは、

「Uターン転職するための準備・調査がどれだけできるか」です。

こんなはずじゃなかった…」ということがないように、できる限りUターン転職前と後のギャップをなくし、周りからのサポートを受けられるようにすることが大切です。

編集部
櫻井

新卒で卒業後すぐに上京、しかしやはり地元に戻ってスローライフを過ごそうっていう人はたくさん僕の周りにもいます。そういう人に向けて「スローライフ」とか「好きなように生きていこう」とか、色々な広告が今は出回っていますが、それらに対して違和感を感じています。

いわて圏
代表 佐藤

そうですね、良い面だけ見せて誘っているというケースはよく見ます。それに対して僕らKAERUはリアルな地方での暮らし、また岩手でUターン転職支援をしてきてわかったことなどさまざまあり、それらをUターン転職者さんたちにシェアして、成功していただきたいと考えているんです。

櫻井

知っておけば違う、ってことはたくさんありますよね。

佐藤

そうですね。是非KAERUがみなさんのお役に立てれば幸いです!

Uターン転職のメリットとデメリット、実際に移住する際にチェックしておくべきポイントなどさまざまな情報についてお伝えしますので、今回の記事が、Uターン・移住を検討しているすべての方々の参考になれば幸いです。

それではまいります!



Uターン転職の理由TOP7

他の人がどんな理由でUターン転職を決意したのか気になるかと思いますが、大手転職サイト・マイナビさんがアンケート調査をした内容が下記になります。

第1位:自分にあった生活スタイルや趣味を活かした生活がしたいから(32.0%)
第2位:家庭の事情(24.8%)
第3位:勤めていた会社に不満があるから(23.8%)
第4位:地元の方が生活環境が充実するから(22.6%)
第5位:地元の方が経済的に楽だから(21.2%)
第6位:地元は自然環境が豊かだから(20.2%)
第7位:通勤が楽になるから(19.2%)

※出典→Uターン転職に関する実態調査(マイナビ転職)(Uターン転職経験のある20~39歳の男女500名が対象)


「自分にあった生活スタイルや趣味を活かした生活がしたいから」が第1位に来ていますが、地方での暮らしに憧れてUターン転職する人が多いようですね。

もちろん、広大な自然や綺麗な空気、アウトドアを楽しむことはできますが、事前にリスクを把握しておくことも大切です。

 

事前に知りたい!Uターン転職でのリスクとは?

Uターン転職のリスクはやはりお金周りに関することが一番のリスクとして挙げられますが、それ以外にも考慮するべきことは多々あります。

どんなことを気にかけるといいか、仕事面のリスクと生活面のリスク挙げてみましたので、チェックしてみましょう。

 

Uターン転職の仕事面リスク①:年収が下がる

Uターン転職のリスクとしてまず最初に挙げられる点はやはり「年収」。都市部と比べると、地方の平均年収は下がっています。

例えば、東京都から岩手県の企業にUターン転職した場合、東京都の平均年収は、600万円程度。岩手県の平均年収は360万円と大きな差があります。

年収は大よそ30~最大40%くらい下がるイメージをしておくと、移住してからの生活水準の想定がしやすく、ギャップも少ないかと思います。

「この収入差にどのように対応するか?」という問いに対して、出費を減らすか、収入を増やすかのどちらかになりますが、企業勤めの場合は固定費を削る方法をまずはオススメします。

 

Uターン転職の仕事上のリスク②:環境が合わない

Uターン転職に限った話ではありませんが、職場環境が合わずに会社を退職してしまうケースは多くあります。

Uターン転職では職場環境に足を運んで調査することが物理的に難しいため、面接時の情報だけで判断してしまったり、人材不足である地方エリアでは実際の職場環境と情報にギャップがあったりすることも。

会社の雰囲気や状況・実際の働き方などは、面倒でも会社訪問をしたり、知人友人家族にヒアリングをしたり、と下調べを行うことをおすすめします。

「新しい仕事を探せばいいや」と再度転職をしようとしても、地方では都内と比べ求人数が圧倒的に少なく、かつ自分にあった仕事内容を探すのはとても難しいため、しっかりと事前に調べてギャップがないようにしましょう。

 

Uターン転職の生活リスク③:車移動が必須となる

地方は車社会です。

一家に一台ではなく、ひとり一台で所有しているケースがほとんどです。

首都圏に住んでいる方は車を所有している方があまり多くないかもしれませんが、地方では車がないと生活できません。

首都圏からUターンし「車がなくても、しばらくなんとか生活できるだろう」「あとから購入すればいいや」と考える方も少なくありませんが、どこへ行くにもふらっと歩いて行ける距離ではないので、車は移住したらすぐにでも購入することをおすすめします。

また、地方の特色として山道が多かったり、雪が積もったり、路面が凍結したり、沿岸沿いで錆びやすかったりと、さまざまな違いがありますのでその土地にあった車を選択して購入してください。(東北は雪が多いので4WD車を選ぶケースが多いです)

駐車場代も忘れずに!

車を使用するならもちろん駐車場も契約する必要があります。

駐車場付きの物件もありますが、別で契約する必要がある場合は月5,000~8,000円くらいの費用がかかりますので、事前に想定しておきましょう。

 

Uターン転職の生活リスク④:引越費用

Uターンする際には、当たり前ではありますが引越し費用がかかります。もちろん引っ越し費用は荷物が少なければ抑えることができますが、家族の多い方は引っ越し費用が増えます。

東京都から岩手県への引っ越しを4人家族の方がする場合は、大よそ20~30万円程掛かるため、引越し費用も大きなお金のリスクとなります。

転職先から引っ越し手当などが助成されるケースがありますので、移住先の市区町村ではどのようなUターン助成金があるのか事前に確認しておきましょう。

たとえば、岩手県北上市のケースだと「UIターン定住促進事業費補助金」として引越し費用が30万円支給されます。(2020年8月時点・※各種支給条件があります)北上市補助金詳細

 

Uターン転職の生活リスク⑤:家族との合意

Uターン転職をされる方で最も多い年齢層は、30後半~40歳代の方で、ご家族がいらっしゃるケースが多いです。

生活環境が大きく変わる移住は転職者本人だけでなく、その周りの人たちの(特に家族)人生を大きく変えることになる、と認識しておかなければいけません。

例えばUターン転職で移住する際に家族やパートナーからよくある相談として下記のような相談が考えられますので、目を通していただき、お互いに納得のいく状態で移住を決断しましょう。

【よくある悩み】

  • 近所付き合いがゼロからのスタートになるのが嫌だ。
  • 折角子供に友達ができたから、転校させたくない。
  • 田舎は不便だから生活しづらいから嫌だ。
  • 年収が下がるので、生活が苦しくなるのではないかと心配。

・・・・・・

このような悩み・不安を抱えることとなりますので、しっかりと家族の声にも耳を傾けてください。

 

Uターン転職の生活リスク⑥:エンタメ施設が少ない

エンターテインメント施設(例えばアウトレット・遊園地・ショッピングモール)などは首都圏と比べて少ないです。

居酒屋なども限られた数で閉店時間も早く、場所によっては長くても22時に閉店するお店が多いです。

カフェなどは18時には閉店するので「夜、ふらっと外に出掛けてカフェでサクッと仕事をする」のが難しかったりもします。

 

Uターン転職のメリットは?

Uターン転職のメリットは、さまざまありますが豊かな生活環境と生活コストを下げることができるというところが大きなメリットといえるでしょう。

Uターン転職のメリット①:貴重な「人財」になることができる

「首都圏でバリバリ仕事をしてきた」というだけでも、地方ではアドバンテージとなり得ます。やはり都市部での仕事は地方と比べるとスピード感や競争力という点について、大きく差があります。もちろん仕事のクオリティやスキルも関係しますが、都市部で働いてきたバックグラウンドは地方ではアドバンテージになります。

 

Uターン転職のメリット②:生活のランニングコストが下がる。

生活する上で必ず掛かる固定費として食費・家賃が挙げられますが、この固定費が都市部と比べ圧倒的に低い金額に抑えることができます。

また流動費についても、飲みに行く回数や娯楽関連の買い物の回数が減るため、抑えることができます。

例えば、家賃相場例として岩手県のデータをご紹介します。



ワンルーム 1K/1DK 1LDK/2K/2DK 2LDK/3K/3DK 3LDK/4K~
盛岡市 5.4万円 5.2万円 6.5万円 7.6万円 9.0万円
宮古市 4.6万円 4.5万円 5.2万円 6.8万円
大船渡市 4.5万円 5.4万円 6.3万円 7.4万円
花巻市 4.3万円 4.8万円 5.9万円
北上市 4.8万円 5.5万円 6.1万円
久慈市 4.9万円 4.8万円 5.5万円 6.1万円 6.9万円
遠野市 3.7万円 3.5万円 5.4万円 6.5万円
一関市 5.0万円 5.6万円 6.3万円 7.2万円

出典(SUUMO:岩手県の家賃相場情報)

東京では1人暮らしでも5万円台で住むことはなかなか厳しいですよね。

地方であれば、2~3人暮らし(2LDK)で10万円以内に収めることができ、大きく固定費を下げることができます。また補助金などでは家賃補助や手当などもでるので、そちらを充てることでさらに経費削減することができます。
(移住補助金についての詳細はこちらに掲載しています)

~豆知識~

また一軒家に住む人も多いです。

一軒家はさらに金額を抑えられるケースが多く、月額3~5万円で住んでいたり、住宅維持をする代わりに無料で住んでいいという大家さんもいたりします。

ただ一軒家にもメリット・デメリットがあり、水回りがボロボロだったり、虫に悩まされたり、冬場冷え込んだり…と「なかなか良い一軒家に巡り合えず、5回も引越しをした」という人もいるので、移住してからすぐに一軒家に住むことはあまりオススメしません。まずは環境が整ったアパートで生活に慣れてから、一軒家を探すことをオススメします。

 

Uターン転職のメリット③:自然環境がいい

地方の魅力はなんといっても「広大な自然」。
良い住居環境での生活はさまざまなメリットが生まれます。

自然の恵み「野菜」がおいしい

地方にある産地直販所で買うことができる野菜は本当に新鮮で美味しい野菜ばかりです。
また野菜だけでなく、沿岸部では新鮮な魚介類も安く手に入れることがあります。
このメリットは働くパワーを生み出す、健康で長生きする、といったベースの質を上げてくれます。

アウトドアの趣味が増える

広大な自然に対峙すると、さまざまなチャレンジ精神が生まれます。例えばキャンプ・釣り・写真・登山・トレッキング・自転車・ツーリング(ドライブ)・家庭菜園(畑)・料理等々… 様々な趣味・楽しみが増えることは間違いありません。

Uターン転職のメリット④:補助金や助成金がある。

国が人口一極集中の状況を鑑みてさまざまな地方移住の補助金・助成金を打ち出していますので、地方での暮らしでは補助金・助成金は大きなメリットとなります。

各助成金・補助金については、各地方自治体によって金額や条件が違っているケースがありますので、しっかりと自分が移住する自治体の助成金・補助金については前もって調べましょう。

例えば内閣府が全国的に出している「移住支援金」は下記の通りです。

地方創生移住支援事業の概要(出典:内閣府HP)
東京23区(在住者又は通勤者)から東京圏外(※1)へ移住し、移住支援事業を実施する都道府県が選定した中小企業等に就業した方又は起業支援金の交付決定を受けた方に都道府県・市町村が共同で交付金(※2)を支給する事業です。

※1 東京圏内の条件不利地域を含みます。
※2 100万円以内(単身の場合は60万円以内)で都道府県が設定する額


この他にも「子育て」「開業支援」など様々な助成金・補助金があります。

岩手県各市町村の補助金については、こちらのページで詳しくまとめていますので、ぜひ活用してみてくださいね。

 

Uターン転職のメリット⑤:職業訓練校という学びの場がある

地方だから学びの機会が減るのではないか?という不安が出てくるかもしれませんが、地方には職業訓練校という施設があります。

職業訓練校では再就職者から在職者の方々に向けに、WEBデザイナー養成講座やマネージャー研修など、さまざまな学びの場を提供しています。

例えば岩手県では下記エリアに職業訓練校がありますので、もし岩手県にUターン転職・移住した際は活用してみてください。

  • 花巻高等職業訓練校(HP)
  • 遠野高等職業訓練校(HP
  • 釜石高等職業訓練校(HP

——(続編につづく)